日本酒LAND ~おすすめ つまみ ランキングも~

日本酒のすばらしさを一人でも多くの人に!

どのスペックも外さない銘柄3選 その① 七田 五橋 会津ほまれ・からはし

今日は外したくない・・・という時

「今日はどうしてもおいしい酒を飲んで疲れを癒したい」「後輩を連れてきたが、飲んだ事のある銘柄が無い・・・」など、常連店などであれば問題ないものの、初見のお店などではよくある事です。(店主の揃えるラインナップはお店によって全然違いますもんね)

有名酒や高級酒であれば、そこそこどのお店でも飲める(ランキングサイトなどですぐにわかります)と思いますが、日本酒好きとしては少しひねったところを狙って、自己満足したいですよね(笑)

そんな時にある程度スペックなどを気にせず、銘柄だけで頼んでも一定以上のクオリティが期待できるお酒をシリーズとしてチェックして行きたいと思います。ただ、日本酒の流通は、どうしても地域性があり偏った内容になってしまう可能性もありますので、そちらは生温かい目でみてやってください。

因みに超有名ですが、ランキングサイトも貼っておきます。

SAKE TIME(数あるランキングサイトの中でも一番精度が高いと思います)

www.saketime.jp

さりげなく美味しい酒を知っているとカッコいいですよね!

 七田 天山酒造 佐賀県

 佐賀県と言えば「鍋島」「光栄菊」が有名ですね。九州というとどうしても焼酎のイメージが強いですが、佐賀県が一人気を吐いてくれています。(実際に九州の中で日本酒の消費量が一番多いようです)

また、淡麗系ではなく芳醇系が多いのが佐賀県のお酒の特徴ともいわれています。

 この七田ももちろん全国区です。1875年、七田ツキ・利三夫妻が近隣の廃業蔵から酒造業を継承して以来つづく天山酒造。天山は筑紫山地に属する標高1046.2メートルの山で、その中腹から湧き出る伏流水を酒造りに使っています。この水は鉄分を含まずミネラル分を多く含んだ中硬水で酒造りには理想的な水だそうな。そんな環境で醸すお酒がマズイはずがありませんね。

tenzan.co.jp

 

あとおすすめなのが、米で作った米焼酎。本当に焼酎?というほどフルーティーな味が楽しめます。ロックがおいしいです。

 

 五橋 酒井酒造 山口県

こちらも全国区ですね。(というかなるべく全国区を選びたい)山口県も有名銘柄がたくさんある、注目エリアです。

「獺祭」「雁木」「東洋美人」「金雀」などが有名ですかね。もちろん、この五橋も熱狂的なファンまでいる人気銘柄です。 

 五橋を醸す酒井酒造は1871年創業。山口県岩国市にある日本三名橋”錦帯橋”が五橋の名前の由来です。(錦川にかかる五連の橋なのですが、本当に美しい橋です!)この錦川の伏流水が軟水であり、この高品質な軟水で仕込まれたお酒が”五橋”として人気を博しています。最近だと「五(five)」シリーズも有名ですね。

www.gokyo-sake.co.jp

 

 会津ほまれ からはし ほまれ酒造 福島県

こちらはお酒の前にサンデーモーニングでおなじみの”唐橋ユミさんの実家の酒蔵”というイメージが強いですよね。もちろん酒造りに関しては間違いありません。

1918年、元々米問屋、味噌・麹製造業を営んでいた唐橋幸作さんが福島県喜多方市(ラーメンで有名ですね!)にて酒蔵を譲りうけて以来、移転や社名変更などを経て東北エリア有数の蔵になりました。この「会津ほまれ」ブランドは純米大吟醸が伊勢志摩サミットで各国首脳への贈答品にも選ばれています。

が、特におすすめするのは「からはし」ブランド。蔵元の姓である唐橋をとったブランドです。どのスペックも柔らかく穏やかな味わいが特徴。なんとも「ホッとする」時間が楽しめます。

www.aizuhomare.jp

さいごに

 という事で、「外さない銘柄」の第一弾をお届けいたしましたが、結構べたなラインナップになってしまいました。「そんなの知っているよ~!」というお声もあるかと思いますが、ある程度目にしやすいお酒を選ばないと本末転倒ですし。

最近は通販で購入する機会も増えているかと思いますので、以前よりも入手困難酒は減りましたが、まだまだ好きなお酒をいつでも購入できるというわけではありませんね。(そうなってしまっても面白くありませんし)

さて、今回ご紹介したお酒はそのまま本文よりリンクで購入可能です。貼り付けましたお酒に関しては定価で購入できるものだけにしております。

Webを巡回しているとプレミアム価格のついたお酒をよく目にしますが、それは正規品ではありません。もちろん、購入されるのは自由ですが、正規品でない限り保管状況などに問題があるケースが多々あります。(本当においしくなかったりもするわけです)

蔵元さんも常に訴えておりますが、やはりお酒は特約店(蔵元からその商品を任されている酒販店)から購入する事をおすすめします。

※リンクについて誤りがあれば「問い合わせ」よりご指摘ください。

 

他にも色々なお酒をご紹介しますし、第二弾も予定しています!

応援宜しくお願いします。「ポチッ」で管理人が泣いて喜びます。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村


日本酒ランキング