日本酒LAND ~おすすめ つまみ ランキングも~

日本酒のすばらしさを一人でも多くの人に!

「日本酒なんて好きじゃないし・・・」という人に最初に飲ませたい銘柄 5選 

まだまだ日本酒に対して抵抗のある方は多いです

「日本酒は辛くて酒臭くて好きじゃない」という方は、まだまだたくさんいらっしゃいますよね。別に好き嫌いがあるのはしょうがないですし、無理に飲んでもらうものでもありません。

でもお会いした日本酒嫌いの方々へ、おすすめのお酒をチョット飲んでもらうと「え?うまい!これ日本酒?」といううれしい反応が返って来ることが殆どです。その後、日本酒が大好きになった方も多数いらっしゃいます。

当ブログを読んでいただいている日本酒好きなアナタ。まわりの方が日本酒好きになってくれたら、なぜかうれしいですよね?(そうでも無かったらすみません・・・)そんな日本酒好き勧誘員の皆様へ、禁断の扉を開かせる銘柄をご紹介いたします。

 因みに周りの方々に「余計なお世話」「鬱陶しい」と嫌われても当ブログは責任をとりませんので悪しからず・・・(笑)

実は私も、日本酒苦手人種からの転職組です!

 

なぜ日本酒が苦手なのか?

 「別にほっといてくれよ!」という話ですが、いけません。我々はお節介やきなんですから。(笑) 私が過去にお会いした日本酒嫌いの方々は、圧倒的に”その匂いが嫌い”という方が多いですね。そして「アルコールがきつく感じる」という方も同数程度います。日本酒をある程度飲み慣れた方ならピンとくると思いますが、この方々はおいしいお酒を飲んだ事が無い場合が多いです。

若い頃によくコンパなどで利用される、居酒屋チェーンや大衆居酒屋で飲んだ日本酒が日本酒のイメージなんですね。そこで提供される日本酒の多くが「普通酒」です。因みに日本酒好きな皆様が、日頃楽しんでいるお酒は「特定名称酒」だと思います。特定名称酒は

  • 本醸造酒
  • 特別本醸造酒
  • 吟醸酒
  • 大吟醸酒
  • 純米酒
  • 特別純米酒
  • 純米吟醸酒
  • 純米大吟醸酒

の事です。

決して普通酒が適当に作られているというわけではありませんが、特定名称酒のそれとは、かけるコストや製造量なども違いますのでどうしても差がついてしまいます。

スーパーで売っている箱酒などがそれです。まずくないですが、お店で飲みたいとは思わないですよね。。。

 

では実際にどういったお酒を飲んでもらうのか?

当ブログをお読みいただいている皆さんもそうですが、好みは人それぞれです。よって、「この系統を飲んでもらえば間違いない!」というお酒は正直ありません。が、私の経験してきた中ではやはり華やかフルーティー系の支持率が圧倒的に高く感じます。入口はフルーティー系でも、辛口スッキリ系が好きになったりとその先の発展はまた人それぞれですので、辛口好きの皆様もご安心ください。(笑)あくまでも入口という事で。

ちなみに、お店にレジェンド級のお酒があったら是非飲ませてあげるべきです。「十四代」「而今」「花陽浴」「新政」などがあれば、間違いないでしょう。「鳳凰美田」「鍋島」「作」「ソガペール エ フィス」「仙禽」あたりもいいですね。レジェンドクラスでも「八海山」「久保田」は、少し違うと思います。こちらは端麗辛口のレジェンドですので、一昔前のテイストのイメージです。(お好きな方ごめんなさい)

それ以外のおすすめのお酒を次に紹介します。

手に入りにくい物はやっぱり美味いんですよね・・・

 

 赤武 赤武酒造 岩手県

www.akabu1.com

東日本大震災での被災を乗り越えた、「復興の蔵」で有名ですが、若手杜氏を筆頭に若い蔵人たちが心を込めて作るお酒が本当においしいです。20代から30代の方に飲んでほしいお酒ですね。トレンドをしっかりとおさえながらも酒造りに対する真摯な姿勢と心意気を感じる事が出来るお酒です。

 

 加茂錦(荷札酒) 加茂錦酒造 新潟県

kamonishiki.com

時期蔵主の若手杜氏が醸す「荷札酒」がおすすめ。瓶に荷札が張ってある無骨なデザインからは想像がつかないような、美しく華やかなお酒です。個人的には黄水仙推し。

 

 亀泉(CEL-24)亀泉酒造 高知県

www.kameizumi.co.jp

すみません。銘柄ではなく”CEL‐24”というスペックのみになります。亀泉酒造のお酒は高知らしいお酒が多く、正直「辛い」「男っぽい」物がほとんどです。が、なぜかこの”CEL-24”に関しては超絶フルーティー。甘すぎる恐れがあるくらいジューシーパイナップルです。

 

 

 風の森 油長酒造 奈良県

www.yucho-sake.jp

全ての銘柄がおすすめですね、風の森は。4合瓶のみの展開、そのコスパの良さを忘れてしまうほど華やかで満足度の高いお酒です。

 

ALPHAシリーズの酸の美味しさも、個人的には楽しんで欲しいです!

 

 Takachiyo 高千代酒造 新潟県

www.takachiyo.co.jp

米どころ新潟が誇る、人気蔵ですね。銘柄として「たかちよ」も迷いましたが、甘みが強すぎるような気がします。日本酒のバランスとしてはアルファベットの「Takachiyo」シリーズの美味しさを楽しんでいただきたいです。

 

 ※番外編 射美 杉原酒造 岐阜県

www.sugiharasake.jp

ご存じの方は既に飲まれていると思います。

岐阜県の日本一小さな酒蔵が醸す銘酒「射美」です。番外編として紹介致しますが、なかなか手に入りません。という事で画像などもありませんので、HPをご確認ください。(転売品がWeb上にありますが、プレミア価格になっていますので当ブログでのご紹介は控えます)

このお酒、間違いないです。

 

さいごに

 いやあ、5つに絞るのは難しいです。酷です。まだまだ、初心者の方に飲んでいただきたいお酒はたくさんあります。

今回は、なぜ日本酒嫌いなのかを考察したうえで、フルーティー酒をご紹介しましたが、辛口で酒臭い日本酒でもおいしさを感じることが出来るお酒もご紹介したいですね。その為にはもっと私自身がスキルアップしないとです。

日本酒を強くおすすめするような記事になってしまいましたが、お酒はおいしいと思うものを楽しくが基本。無理強いはやめてくださいね。(笑)

一人でも多くの人に、日本酒の素晴らしさを感じていただければ幸いです。

 

応援宜しくお願いします。「ポチッ」で管理人が泣いて喜びます。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村


日本酒ランキング