日本酒LAND ~おすすめ つまみ ランキングも~

日本酒のすばらしさを一人でも多くの人に!

味や見た目の「クセが強いんじゃ~」な日本酒はコレ 

真剣な酒造りの延長線上に生まれる”クセが強い”酒

かねてから日本酒のイメージであった「酒臭い」「おじさんっぽい」は、少し前の日本酒ブームあたりから、時代に合わせた変革が起きているように感じます。「獺祭」が大ヒットしたあたりからでしょうか。

現在、全国に軽く1万銘柄以上あると言われる日本酒ですが、その変革と共に革新的な商品も生み出されています。

もちろん、それぞれ心を込めて作られおり、味もしっかりしたものなのですが、所々で作り手のユーモアや大胆さが垣間見れる物も登場しておりまして。

それらは「クセがつよい」物として異彩を放っていますが、真剣な酒造りの延長線上から生まれる物。日本酒ファンからは温かく迎え入れられています。

そんな「クセ」を身にまとった日本酒をご紹介して行きたいと思います。

味だけでなく、ラベルなど見た目でも楽しめるのは日本酒の良いところですね!

 

味のクセが強いんじゃ

日本酒の味というと、基本的には甘い辛いキレるキレない酸の有無などで表現されますが、その領域に収まらないお酒やある一部分を大きく振り切ったお酒が存在します。その為、チャートなどでは評価・表現できずある意味ブロガー泣かせなお酒ですね。

正直に言うと、これらのお酒を頻繁に飲み続けるのはしんどいですが、酒造りの技術を再確認したり、蔵のチャレンジ精神を感じながら楽しむ事は素晴らしい事だと思います。スポット参戦的なお酒という事で、見つけたらぜひ挑戦してみてください。

こういったお酒飲むことで、いつもの一杯が更に美味しく感じるものです。

 

 笑四季 ポリネシア2 密林貴族 生 

笑四季の酒瓶画像

南国感あふれるパッケージ

滋賀県にある笑四季(えみしき)酒造のお酒です。スタイリッシュで個性的なラベルや名前のお酒がラインナップに並びます。チャレンジングな蔵のイメージが強いですね。

www.emishiki.com

こちらの蔵が醸すのは「完熟バナナ酵母」を使った、まさに”バナナ”な一本(一杯)です。含み香からバナナが口いっぱいに広がります。

が、甘ったるくないんです。飲み込んだあとの余韻はおいしい日本酒のそれ。しっかりとキレてくれます。

ですが、初めての時はかなりのインパクトがあると思いますし、「ん?日本酒?バナナ凄くない?」とチョットした混乱に陥るかもしれません。

 

 マル飛 NO77 山廃純米 

 

 

秋田県の飛良泉酒造が醸すお酒です。その歴史は古く、創業は1487年、室町時代までさかのぼり、全国で3番目に古い蔵です。

www.hiraizumi.co.jp

その伝統の蔵のチャレンジ酒はすごい。まずスペックがぶっ飛んでいます。

日本酒度-22.0 酸度4.2と公式HPに記載が。。。

仲良くしていただいてる酒販店の方に「オィ、飲んでみろ、飛ぶぞ!」と言われて、実際に飛びました。最初から最後まで「酸」で凄いインパクト。が、リンゴ酸独特の綺麗なジューシーさも感じ、飲み進めるごとにすごく心地よくなっていくんですよ。そして中毒性があるのか、リピ買いしてしまいました。(笑)

ちなみにHP記載のスペック数値は。。。その通りだと思います!

 

見た目のクセが強いんじゃ

続いては見た目です。お酒のラベル(ネーミングも含む)ですね。ついつい日本酒をジャケ買いしてしまう人がいると聞きますが、私の事ですかね?

どうしても家に連れて帰らざるを得ない、インパクトの強いビジュアルにどうしても惹かれてしまいます。

純粋に表面的なクセを楽しんでいただきたいので、有名どころも含めてサクサクと行きます。

味は全て折り紙付きです!

 

 ちえびじん LOVE PINK 

ちえびじんの酒瓶画像

ミルキーピンクなビジュアルです ※公式HPより

大分県にある中野酒造が醸す銘酒「ちえびじん」にも、ビジュアル系なお酒が存在します。このビジュアルでも着色したわけはでなく「赤色清酒酵母」が作り出す天然色というから二度ビックリですね。味は思ったよりスッキリしていますよ。毎年恒例のお酒なので、ご存じの方も多いと思います。

chiebijin.com

 

 天吹 ぴんくれでぃ

 

こちらも有名蔵ですね。佐賀県の天吹酒造のお酒です。同じピンクでもこちらはロゼ色です。この色も天然色で、古代米である黒米の色なんだそうな。ワイングラスにピッタリですね。

www.amabuki.co.jp

 

 死神 純米酒

日本酒 死神 720ml

日本酒 死神 720ml

  • 加茂福酒造 死神
Amazon

 

島根県の加茂福酒造のお酒。ラベル・ネーミング共にインパクト大ですね。

プレゼントするには躊躇してしまいますが、好きな方は癖になるお酒です。吟醸香の強いタイプではないので注意。常温で飲むと柔らかさが広がる不思議なお酒です。個人的には燗がおすすめです。

www.kamofuku.co.jp

 

 ビクトル投げからの膝十字固め 純米

 

「タクシードライバー」で有名な喜久盛酒造さんがぶっ飛んだビジュアルのお酒を出していますよ。何でも、現社長の藤村さんは元有力レスリング選手だったそうで、その必殺技が酒名に。この技は元々ロシアの格闘家アンドレイ・コピィロフさんの必殺技だそうな。その辺りも色々絡んでの・・・。詳しく知りたい方はHPなどでご確認ください。

※HPですがクラファンに繋がりますので注意してください

kikuzakari.jp

クセ強の集大成みたいなお酒でしたね。

 

さいごに

 という事で、味や見た目、ラベルやネーミングにクセがある日本酒を並べてみましたが、いかがでしたでしょうか。この辺りのお酒は、お気に入りになる事はないかもしれませんが、これらのクセを色々体験される中で改めて日本酒についての理解を深める、そして日本酒愛を更に深めていくというのも悪くないのではないでしょうか。

元々は「日本酒と言えば、漢字で縦書きラベルに酒臭い・・・」でしたが今やワイングラスで楽しむ香り高い日本酒が人気を博しているわけです。この現代では大人気のお酒も当初は全く受け入れられなかったと聞いています。

”クセが強い”で纏めてしまいましたが、こういった一つ一つのチャレンジが新しい時代を創っていくのでしょう。応援したいと思います。

 

応援宜しくお願いします。「ポチッ」で管理人が泣いて喜びます。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村


日本酒ランキング