日本酒LAND ~おすすめ つまみ ランキングも~

日本酒のすばらしさを一人でも多くの人に!

「飲んでみな、飛ぶぞ!」というプレミアムな日本酒 でも通販で買うのは・・・

管理人は知っているの?

当ブログをご覧いただいている皆様は既にお気づきかと思いますが、このブログには世間一般で言われるプレミアムな日本酒が、ほとんど登場しません。

「管理人が知らないからじゃね?」

「手に入らずに飲んだ事が無いからじゃあ?」

というご意見が聞こえてきますが、半分正解です。日本酒の事、まだまだ知らない事が多いですし、プレミアムなお酒は入手困難です。たまに酒販店さんからご厚意で譲っていただいたりもありますが、特別な時に持参したり飲んだりで、レビューするタイミングがありません。皆様のブログやインスタを見て、「へえ~」「いいなあ~」と羨む毎日です。

しかもどこかへ持参する場合は、運転手のケースが多く、飲めないなんて事も・・・泣

 

プレミアムな日本酒たち

ただ、お店ではある程度飲ませていただいていますし、そのおいしさも存じ上げています。はい、プレミアム酒と言われる日本酒は正直私の好みドストライクなんです。香り華やか系のキレ酒、本当に好きでいくらでも飲んでしまいます。

また、なかなか入手出来ないという付加価値もさらにその味を盛り立てますよね。実際においしいのですが、その何割増しかになっているのではないでしょうか。

私が特に好きなプレミアム酒は以下の通りです。

 

而今 木屋正酒造(三重県)

而今の写真

三重県民の誇りです  ※公式HPより

 

花陽浴 南陽醸造(埼玉県)

花陽浴の画像

蜜のような甘さが広がります ※酒泉洞堀一さんHPより引用

 

新政No6 新政酒造(秋田県)

 

新政の画像

No6 10周年の今年は、様々なアーティストとのコラボパッケージが ※公式HPより

他にも「十四代」や「田酒」も当然すばらしい日本酒ですし、入手困難酒としては「ソガペールエフィス」「射美」なども大好きです。

なかなかこの辺りをご紹介できないのには訳がありまして・・・。

 

なかなかご紹介しないわけ

当ブログのコンセプトは、”一人でも多くの人に日本酒のすばらしさを伝えたい!”です。という事はもちろん、飲みやすくおいしいお酒をご紹介したいのですが、「入手困難=敷居が高い」という事で、入口のハードルを高くしてしまうのではないかという懸念があります。いつでも手に入る、そして日本酒初心者だからこそ入手しやすい金額でというのは基本かと思っています。

次に、多くのブログやサイトでプレミアム系は詳しく紹介されている事です。今更、それらを引っ張り出して記事にするよりは、自身の経験などを基に美味しいお酒をご紹介する方が有意義かと考えているためです。

そして、プレミアム酒じゃなくても本当に美味しいお酒はたくさんあるぞという事。コレ、一番の理由かもしれません。もちろん、人気が出て入手困難になるお酒もあるのですが、次から次へと素晴らしい日本酒が登場しています。

コロナ禍で家飲み需要が増えているというのもありますが、美味しいと感じたお酒を家でも気軽に飲めるといいなあって思っています。 

 

しっかり管理されたコンディションの良いお酒を

先程、プレミアムな日本酒をあまりご紹介をしない理由を3つほどお伝えしましたが、もう一つだけお伝えしたい事があります。それは、せっかくのおいしいお酒はしっかりと管理された良いコンディション且つ適正な価格で楽しんでいただきたいという事です。

日本酒は光や温度に敏感です。特に生酒や一回火入れのお酒は酵母や微生物が生きていますので、それらによって活動が活発化し、劣化が進んでしまいます。なので徹底した管理の元で保管・販売される必要があるのです。

さらには価格です。日本酒は基本定価販売です。プレミアムな日本酒は定価の10倍以上など、一部ECサイトなどではかなり高値で取引されています。(スーパーなどでもそうですね)

定価以外で販売されている日本酒は全て転売品です。転売自体は違法ではありませんし、酒類販売業免許を取得している以上、れっきとした商売です。なのでこちらを全否定する気は全くありません。が「蔵元が転売品を買わないで」と言っているのも事実。

蔵元がこういった声を上げている理由は、商品本来のクオリティを消費者に届ける為に、”特約店”というシステムを取り入れているからなんです。”特約店”というのは、蔵の信頼を得て、商品の品質管理などを責任もって行い、最高の状態で提供する約束で蔵と取引をしている酒販店の事。つまり、特約店以外の店では、このクオリティが担保できないという事なんです。

※参考記事はこちら

sakebuzz.bar

ただ、通販の場合は業者に配送を委託しますので、100%の管理は特約店でも不可能ですね。。。ただ、それを言い出すと蔵から特約店への配送も・・・という事になりますか。

 あとは、適正価格で楽しんでいただきたいという声も大きいですね。元々、コストのかかる製法や原料で製造した高スペックの日本酒は定価設定が高いですが、それらをもはるかに上回る普通スペックのお酒が出回っている事に違和感があるとの事。

ただ、これらは法で規制されていない限り、需要と供給のバランスもあり難しいですね。高いお金を払っても手に入れたい人は買いますし、もちろん需要があるからの価格設定なわけで・・・。また、転売業者に関しても細心の注意をはらい、豊富な知識のもと温度管理等徹底しているケースもあります。

私個人としては、プレミアム価格の日本酒を買う気はありませんね。いくら何でも高すぎますし。それに安くてもおいしいお酒はたくさんありますから。 

 

さいごに

という事で、少しいつもと違うテイストになりましたが、プレミアムな日本酒について纏めてみました。

私個人の意見が多く含まれていますので、不快に思われた方は申し訳ございません。

(特に転売の件は、色々な視点で見ることが出来ますが、私の視点というのは日本酒を愛する一人の消費者目線+そのおいしさや素晴らしさを多くの人に広めたいというちょっとお節介な人間の視点です。)

 それよりもプレミアムな日本酒、もちろんおいしいです。いくらプレミアムとはいえ、あるところにはありますし、普通の価格で飲むことが出来ます。それを探すというのも消費者の楽しみの一つです。これらの日本酒が飲める居酒屋や手に入れることが出来る酒販店を探してみてはいかがでしょうか。

特約店の一覧などは蔵のHPなどにもよく載っていますし、その特約店から仕入れているお店に辿り着くことが出来れば、高確率で飲めると思います。コロナで難しい時期ですが、私の経験上は地道に足を運んで情報収集する事が一番の近道だと思います。

 

応援宜しくお願いします。「ポチッ」で管理人が泣いて喜びます。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村


日本酒ランキング