日本酒LAND ~おすすめ つまみ ランキングも~

日本酒のすばらしさを一人でも多くの人に!

実力蔵がひしめく日本の中心地 関東圏でおすすめの日本酒ランキングTOP10 

関東1都6県

都道府県毎のおすすめ銘柄などのご紹介は定期的にしておりますが、今後エリア別のランキング形式を定期的にご紹介して行こうと思います。

第一弾としては、やはり首都をかまえる東京都を含んだ”関東圏”です。この”エリア”に関しては様々な呼び名があったり、分け方がそれぞれ異なったりしますが、一番スタンダードなセグメントで全国を網羅できればと思います。

スカイツリーの画像

人も物も全国から集まる、やはり魅力的な地域ですね

ちなみに関東圏としては

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 群馬県
  • 栃木県
  • 茨城県

で進めて参ります。

関東甲信越だとここに山梨・長野・新潟が入るんですよね。ややこしいです・・・。

 

関東圏の日本酒

例えば、関東と関西では味付けが違いますよね。代表的な所でいうと「うどん」「おでん」でしょうか。関東は濃口、関西は薄口と出汁の色から違います。日本酒に関してもそのような傾向があるのでしょうか?

これ、実は逆の説がありまして。一説によると、関東が全体的に濃い味になったのは、江戸時代に関西から樽に入れて運ばれていた日本酒(下り酒)に樽の香りがついてしまい、淡白な味の料理が合わなくなった事からだそうな。樽の香りに負けないような濃くて濃厚な料理が好まれたという事なんです。

料理からではなく、日本酒からその地域の料理の特性が決まってしまうのは面白いですね!

ちなみに、関東というとどうしても酒造りのイメージがわかないと思いますが、逆です。日本酒に欠かせない米づくりは各地で盛ん、更に神奈川県の丹沢山系の湧き水をはじめ、多摩川、利根川、荒川の各水系など上質な水も豊富、歴史ある蔵も数多く存在しますし、全国的に人気の銘柄も多いです。

北関東を中心に淡麗系のお酒が多い印象ですが、東京都は芳醇旨口のお酒造りが主流かと思います。トレンドに敏感なエリアというのも特徴(これはイメージ通り?)で、昨今人気の華やかフルーティー系の人気銘柄も多いですね。

 

関東でおすすめの日本酒ランキング TOP10

さて、早速ですが大都会と大自然が共存する”関東圏”の日本酒をランキング形式でご紹介して行きます。

あくまでも管理人がおすすめのランキングです。賛否あるかと思いますが、日本酒の好みは十人十色。参考に皆様の好みと照らし合わせて楽しんでいただければと思います。

シリーズやスペックなどで違いはありますが、銘柄でご紹介して行きます。

 

 10位 来福 来福酒造(茨城県)

やはり花酵母です。この存在がどうしてもランクインさせたくなる存在ですね。印象的なパッケージがどうしても手に取ってみたくなる。そして飲んでみると一定以上の満足感があります。

raifuku.co.jp

 

 9位 鳴海 東灘醸造(千葉県)

鳴海といえば、超微炭酸。シュワシュワと華やかな香りを心から楽しめるお酒です。特に生酒においては感動的にうまいと思います。ワイングラス確定の日本酒ですね。

azumanada.net

 

 8位 残草蓬莱 大矢孝酒造(神奈川県)

昇龍蓬莱が生酛、残草蓬莱が速醸つくりですが、いずれもスペックによって荒れるイメージがあります。ぴしゃりと好みにハマると最強、ですが意外と好みから外れる時も。逆に言うと、どなたが飲んでもおいしいと思うお酒が必ずあるという事でしょうか?

 

 7位 総乃寒菊 寒菊銘醸(千葉県)

千葉の生酒はなんておいしいのでしょう!と思わせるフルーティーとキレのバランスがピカ一なお酒です。千葉というと空港と海(ニワカ?)ですがそのイメージが湧いてくるような爽快感を感じます。

kankiku.com

 

 6位 屋守 豊島屋酒造(東京都)

「ヤモリ」の相性で親しまれる、おくのかみ。このお酒はジューシー。基本、旨口酒なのでしょうか。飲んだ後に喉が熱くなるタイプが多い印象。初めて飲んだ時の「都心でこんなうまい酒がつくれるの?」という印象は今でも変わりません。

toshimayasyuzou.co.jp

 

 5位 巌 高井㈱(群馬県)

こちらの杜氏であった高井専務が、退社され他の茨城の有名蔵に修行に出ているとの情報あり。よって、現在の状況が確認できないのですが、数年前に飲んでいた巌ならば、間違いなく上位ランクインするお酒です。「ガッツン」酒なのですが、燗だけでなく冷でも感動体験できます。

 

 4位 町田酒造 町田酒造店(群馬県)

「町田酒造はちょっと甘いかな・・・」という方もいらっしゃるかも。でもフルーティー系、ピチシュワ系のお酒が好きならドンピシャです。コスパが高いのも良し。個人的には夏に飲みたくなるお酒ですね。

www.seiryo-sake.co.jp

 

 3位 仙禽 ㈱せんきん(栃木県)

言わずと知れた人気蔵です。やっぱり好きです。大好きです。ナチュールシリーズも人気ですが、私はやはりモダン仙禽。日本酒好きにダメ押しをしてくれた日本酒として、これからも大切に飲んで行こうと思います。

senkin.co.jp

 

 2位 花陽浴 南陽醸造(埼玉県)

2位はプレミアム銘柄です。超絶華やか酒の代名詞的な存在です。「はちみつかよ」っていう位の密感だったり、「もう、果物かよ」というほどのフルーティーさだったりと、飲むたびに驚かされます。最高です。

www.nanyo-jozo.com

花陽浴の画像

ラベルも華やか ※酒泉憧堀一HPより

※通販ではプレミアム価格での販売業者しかございません。よってこちらにリンクはお付けしませんのでご了承ください。このお酒は全国の特約店でお買い求めいただくことをおすすめします。

おすすめの特約店(ECサイト)

www.syusendo-horiichi.co.jp

 

 1位 鳳凰美田 小林酒造(栃木県)

はい、堂々の1位は鳳凰美田です。こちらも賛否あるかもですが、”間違いないお酒”という事に異論はないのではないでしょうか。いつどこで、どのスペックを飲んでも高レベルの満足感が期待できる。そして、それ以上の感動が味わえるのが鳳凰美田が1位の理由です。味の傾向はトレンドタイプですが、トレンドではなく”鳳凰美田タイプ”として確立されつつあるように思います。

 

さいごに

という事で、関東圏のおすすめ日本酒ランキングでした。他にもランク入りさせたいお酒はたくさんありますし、有名銘柄もありますが、やはり個人的な好みがだいぶ出てしまいますね。ただ、通な所をねらったり、奇をてらうような選出はしたくありませんので、私自身がおすすめしたいお酒をこれからも選んでいこうと思います。

ランキングは常に変動しますので、また関東圏もやってみたいです。

 

応援宜しくお願いします。「ポチッ」で管理人が泣いて喜びます。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村


日本酒ランキング