日本酒LAND ~おすすめ つまみ ランキングも~

日本酒のすばらしさを一人でも多くの人に!

「合うわけがないでしょ!」 世間の反対を押し切って、カレーに日本酒を合わせてみた

日本の国民食

国民食の定義は「地域・性別など関係く、大衆に愛されている食品」だそうです。では、日本の国民食というと、何が浮かびますか?皆様、人それぞれ様々な食品が挙げられると思います。

個人的には小学生の好きそうなモノがズラリと並びます・・・(笑)

この国民食も諸説ありますね。一説では「ラーメン」「カレー」「そば」「うどん」だったり、別の説では「寿司」「味噌汁」だったり。。。そこで、ウィキペディア先生を見てみると、あるわあるわ、日本の国民食。「天ぷら」「おにぎり」うんうん、「梅干し」「沢庵」う、うん、「チキン南蛮」・・・ん?という事で、結構何でもありなようです。

中でも元々の由来は外来でも、日本文化の中で独自に進化を遂げて国民食となったものが、「ラーメン」「カレー」でしょうか。どちらも嫌いな人があまりいない、人気の食品です。今回はこの「カレー」についてのお話です。

 

カレーライス

「カレー」といえば、”インド”ですよね。が、日本にはインドから直接伝わったわけではなく、明治時代にイギリスから伝わっています。これは、インドがイギリスの植民地だったことが関係しています。伝来当時のカレーは材料に長ネギやカエルが使われていたようで、現在の形とはかなり違ったようです。現在の「カレーライス」の形になったのは大正時代。独自に発展を遂げた日本の「カレー」はインドやイギリスのそれとはまったく違うものになりました。

インドカレー画像

インドカレー ※農林水産省HPより

 

カレーライス画像

日本のカレーライス

 

家庭毎にオリジナリティがあるのが日本のカレー

さて、この「カレーライス」。皆様、”各ご家庭でこだわりの味”があるのではないでしょうか?隠し味に〇〇を入れて・・・とか、熟成させて・・・とか。

ベタな話ですが、やっぱり2日目のカレーってウマいですよね。

管理人家の場合は、

  • 肉は牛肉と豚肉の両方
  • じゃがいもはメークインのみ
  • パイナップルなどの果物を潰して加える
  • カレールウは2種類以上
  • コーヒー、オイスターソースが隠し味

という感じで作っています。殆ど、妻のレシピです。

カレー画像

管理人家のカレー

それぞれが、独自のこだわりを持ってつくるカレーは、やはり愛着もあり自慢の家庭料理ですよね。そして簡単で何食か食べられるのでコスパが高いのもポイントです。

 

カレーと日本酒を合わせたい

さて、ここからが本題です。管理人家はもちろんですが、家庭料理におけるカレー率、そこそこ高くないですか?日本酒好きな我々からすると、食卓に並ぶモノと日本酒との相性は死活問題です。んな、大袈裟な・・・。

頻繁に登場し、2日位は最低でも続くカレーライス。カレーだからと言って、大好きな日本酒を2日も飲まないわけにはいかないわけです。。。

イメージ的に「カレー」「日本酒」のペアリングっていかがですか?あまりイメージ無いですよね。それどころか「え・・・?」というのが本音だと思います。

が、日本酒とカレーって意外と合うらしいのです。

スパイシーの極みのような料理ですし、インド感満載なので不安ですが・・・。

 

実際にやってみた

フムフム、「米の旨味とコクが、カレーの旨味と相乗効果で・・・」「スパークリング系が・・・」「純米系、濃厚な旨味を持つ・・・」「貴醸酒があう・・・」など、調べるとまとまりのないバラバラな意見が散見されます。いや、本来これでいいと思うんですよね。味覚なんて人それぞれですし、シチュエーションや時期、メンタル的な所も含めて、日本酒の印象や感じる味は大きく変わりますし。

私のイメージの中で合うと思われる日本酒を、現ストックの中から選んで合わせてみました。

仙禽の画像

合わせた日本酒はコレ!

クラシック仙禽 無垢 2021 ㈱せんきん(栃木県)

生酛 無濾過生原酒 です。お酒自体はとんでもなくおいしいお酒。原酒のドッシリ感は控えめに、舌にさわやかな酸が広がります。喉に通すと、瑞々しくジューシーなマスカットが鼻を抜けながら、綺麗にキレて行く。ペアリング云々抜きにして、とんでもなくうまい。。。!

あ、これではだめですね。すぐに和らぎ水を挟みながら、カレーと交互に飲み食いしてみました。

うん、”いいですね!”

管理人家のカレーには牛スジが入っており、甘いこってりとした肉の味が強く出ますので、「強めの酸味」が絶対に必要と思った事。そしてスパイシーさをリセットしてくれる「鋭いキレ」が欲しいと思った事が、この仙禽を選んだ理由ですがドンピシャでしたね。クラシック仙禽クラスの甘さは中辛クラスのカレーとよく合ってくれるようで、甘ったるさは感じず、逆に”カレーのフルーティーさをより引き出してくれている”ように感じました。

カレー、結構いいですね。上記に合ったような貴醸酒も確かに良いのではないでしょうか。(福神漬けのイメージ)また、米の旨味が強いタイプのお酒が合うというのも頷けますね。カレーのインパクトに負けないタイプをぶつけると、喧嘩するのではなく、双方の奥深くに眠った良い部分を引き出し合う形に間違いなくなると思います。

意外なペアリング、発見しちゃいましたね。得した気分です!

 

カレーに合わせたい日本酒と日本酒に合わせたいカレー

という事でこれらを基に「カレーに合わせたい日本酒」と「日本酒に合わせたいカレー」をピックアップしてみました。

 

飛良泉 山廃純米 マル飛No77 飛良泉本舗(秋田県)

リンゴ酸のきょうかい77号酵母を使った、酸ぶっ飛び酒です。これは、どのタイプのカレーにも合うと思います。中でも個人的にはシーフードカレーとかと合わせたいです。

 

二兎 純米 萬歳七十 丸石醸造(愛知県)

人気銘柄、「二兎」の中でも、精米歩合70%。100年前の飯米である萬歳米の旨味が程よく主張しながら、得意の酸がきれいに調和する一杯です。キレも抜群、こちらも超オススメできます。

 

會津宮泉 貴醸酒 宮泉銘醸(福島県)

超有名銘柄、「写楽」を醸す宮泉銘醸。その元祖銘柄の貴醸酒がこれ。貴醸酒といえば、蜜感が強かったりヒネカに近しい香りがあったりしますが、こちらはフルーティーさも感じながら、酸味も感じるタイプ。食前酒として楽しめるお酒ですが、カレーとの相性は良さそうです。

 

肉比率43% やりすぎビーフカレー

これでもかと肉が入ってます。かといって、くどくなくスパイシーさで、意外にさらっと食べれてしまうのが不思議です。このカレーはぜひ日本酒を合わせたいですし、あまりタイプを選ばずに合うと思います!!

 

函館 五島軒 ほぐし肉カレー(4食セット) 

通販ランキングで上位常連のカレーですが、確かにうまいしコスパも高いです。ほぐし肉がくどくなく、肉の純粋な旨味を感じます。マイルドとスパイシーが2食ずつ入っていますが、スパイシーは結構辛いので注意。このカレーであれば淡麗系で合わせても良いかもしれません。

 

北海道極旨スパイシースープカレー

こちらも通販サイトで人気が高く購入したのですが、スパイシーで確かにうまい。個人的には大きな骨付きチキンが入った「やわらかチキン」と出汁の効いた「旨味凝縮ホタテ」が超オススメです。野菜を追加したら、豪華なメインディッシュになるレベルですよ。こちらは貴醸酒との相性が良いと思われます。

 

さいごに

いやあ、またカレーが食べたくなってきました・・・。夏の暑い日にガツガツ食べるカレーも良いですが、過ごしやすい季節に日本酒と一緒に味わいながら食べるのも悪くないと思います。

しかし、カレーが合ってしまうのなら、もうどんな料理でも合いそうですね。日本酒。いや、実際にそうなんだと思います。おいしい日本酒とおいしい料理のペアリング。どんどん、新しい発見をしていきたいものです。

個人的には、カレーの日に日本酒を堂々と合わせられるようになったのが良かったです・・・!(笑)

 

応援宜しくお願いします。「ポチッ」で管理人が泣いて喜びます。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村


日本酒ランキング