日本酒LAND ~おすすめ つまみ ランキングも~

日本酒のすばらしさを一人でも多くの人に!

コレクター必見!ラベルや瓶などがチョット個性的な日本酒 5選 

味はもちろん、見た目も楽しめる

日本酒というと茶や緑色の透明瓶に縦書き漢字で「〇〇」というラベルが貼ってあって・・・、というイメージが強いですよね。少しでも英語表記やカタカナ表記などのラベルがあると、ある意味異質で今でも目が行ってしまう程。そこには、古き良きを重んじ、伝統を守るというスタンスが強く表れています。

が、最近では蔵元の若返りや次世代層の確保という命題に向けて、今までのイメージを覆すようなお酒が続々と登場しています。極端に言えば、瓶を見ただけでは何かわからない日本酒や飲んでもワインと勘違いしてしまう様なものまで様々。賛否両論あるかと思いますが、個人的には遊び心は大切だと思いますし、スタイリッシュさを求めるのも大賛成です。新しい展開は、こういった取り組みから生まれるモノですし。そして、何より飲む側は味だけでなく見た目も楽しめる。好きな人は、コレクトできる。色々と楽しむ幅が増えたり、話材が増えるのは、業界にとっても決して悪い事ではないように思うのです。

どのお酒も遊んでばかりじゃないんですよね。本物をつくっている中での遊びだから面白いし、カッコいいんです。

 

そのお酒の顔だから

どんな商品でも名前はもちろん、そのジャケットって大切ですよね。思い入れの強いモノであればあるほど、拘りたいところではないでしょうか。日本酒に関してもそれは同じです。心を込めて醸したお酒だからこそ、その想いを伝えようと工夫し様々なデザインが生まれるわけです。

日本酒で表現できるのは、名前・瓶・ラベルでしょうか。味やコンセプトをそのまま表現したモノもありますし、ペルソナが振り向くようなコラボレーションや仕掛けを施したお酒もあります。

いずれにせよ並々ならぬ強い想いで作り上げたパッケージだという事をご理解いただいたうえで、こういった商品を楽しんでいただけると良いと思います。

挑戦に失敗はつきもの。たまに大ハズシしているものもあったりしますが、そこは温かい目で見てください。

 

管理人が選ぶチョット個性的で気になる日本酒

では、早速ですが現在販売されている日本酒の中でチョット気になる。個性的な日本酒をご紹介して行きたいと思います。因みに色々な表現をしますが、決してディスっているわけではありません。すべてのお酒・蔵に対してリスペクトしている中での愛情のこもった表現であるという事を先にお断りしておきます

でも、遠慮なく行きますね。

 

 錦鯉 今代司酒造(新潟県)

まさに脂の乗った”鯉”にしか見えません 

いやあ、見た目に圧倒されます。魚型にくりぬかれた箱に入れると、ブリッツブリの鯉ですね。

この日本酒は以前から結構話題になっており、各種デザインコンテストにおいて数々の受賞歴を誇ります。お祝いやプレゼントにも最適ですし、お家に飾るのもありです。因みに高級verの「錦鯉 黄金」もありますよ。

imayotsukasa.co.jp

 

 W(ダブリュー)渡辺酒造店(岐阜県)

夜の雰囲気を醸し出すパリピな日本酒 

こんな失礼な表現をお許しください。が、実際に手に取ってみるとまさにそんなキラキラな感じがするんです。しかも、大都市ではなく中規模都市のパリピ。。。(笑)ちなみに味は本当においしいんです。今流行りの華やか系、花陽浴タイプと称される事もあるくらいです。

www.sake-hourai.co.jp

 

 HINEMOS ㈱Rice Wine(神奈川県)

「毎日水素水飲んでます」的な意識高い系

小田原発、こだわりの詰まった新しい日本酒がこの「HINEMOS」。それぞれの時間帯に楽しんで欲しい味が時間モチーフの瓶でそれぞれ表現されています。全体的にオシャレ過ぎて敷居が高いイメージを持つかもですが、表現したい事やコンセプトは十分納得のできるものです。

hinemos.tokyo

 

 蓬莱 超ドS 渡辺酒造店(岐阜県)

名前の威圧感とジャケットの怪しさ

本企画、二品目の登場です。渡辺酒造店さん。攻めてますね。好きですよ。このお酒は精米歩合が何と18%。その名前やジャケットからは想像できない位、まじめに手間暇かけてつくられたいわゆるハイスペックなお酒です。価格もドSですが、このスペックからすると決して高価ではないような。その辺りはM要素も含まれたお酒です。

 

 スキー正宗 武蔵野酒造(新潟県)

何とも言えないほのぼの感がクセになる 

遊びではないんです。伝統と歴史がある銘柄。これは下記記事で纏めています。

sakebuzz.bar

でも、やっぱりこの名前とレトロラベルにはグッと来てしまいますよね。「スケボ正宗」「サーフ正宗」も限定で販売されますので、ファンは要チェックですよ!

www.musashino-shuzo.com

 

さいごに

という事で、今回は個性的な日本酒を5銘柄、ご紹介してみました。繰り返しますが、こういった個性は、しっかりとした日本酒造りの土台があるからなせる業です。よって、それぞれが真剣に作られたお酒であり、味わい深いものであるという事をご理解いただくと嬉しいです。

そんな中で、買って嬉しい、飲んで楽しい、話題作りにも最適な銘柄だと思います。個性的な”銘酒”という事で皆様に記憶いただけると幸いです。

 

応援宜しくお願いします。「ポチッ」で管理人が泣いて喜びます。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村


日本酒ランキング