日本酒LAND ~おすすめ つまみ ランキングも~

日本酒のすばらしさを一人でも多くの人に!

久しぶりの外飲み 常連店で日本酒を楽しむ

コロナ激減?

かれこれ2年近く続くコロナ禍。デルタ株が猛威を振るい一体どうなる事やら・・・という状況から一転、新規感染者数が急に激減し今年になって最小数の規模まで一気に減少している状況。これまで、充分に感染対策に取り組みながらも先の見えない状況に愕然としていた中で、チョット拍子抜けというか、それよりなぜここまで激減したのかがわからなくて、逆に不安というか・・・。

が、第6波は必ず来ると言われていますし、新たな変異株などの発生も視野に入れ、充分な感染対策をして過ごさなければならない事に変わりはありません。

さて、そんな状況下、久しぶりに常連店のオーナーに会いにお店が再開したタイミングで行ってきました。ちょっとビジネスの話がしたかったので、時短営業の中での訪問です。

もっと頻繁に伺いたいのですが。。。私が日本酒に目覚めたお店のオーナーに懇意にしていただいています。

 

やっぱり居酒屋は雰囲気がちがう

そのお店がある、古い小路は久しぶりに少しですが活気を取り戻しています。この雰囲気が好きなんです。

小路の画像

この雰囲気がたまらないです

お店はオーナーの人柄に惚れた常連が集まるという温かい感じ。この日は先客が2名いましたが、皆自分のペースでゆったりと楽しんでいました。

コロナ対策として、お店の入り口はフルオープン。収まってきたとはいえ、飲食店はやはり換気や席間など対策が大変ですね。

カウンターに座り、先ずはお久しぶりのご挨拶から。モダンな内装に七輪が並び、ビビットな色のダクトが存在感を示す店内。「帰ってきたなあ・・・」と故郷を懐かしむような感覚。オーナーの息子さんがカウンターに立って立派に仕事している姿に、感心しながらも時の経過の速さに少し焦りを覚えます。

学生だったイメージしかなかったので、接客している姿を見るとやっぱり感慨深いです。そしてお父さん譲りのセンスとスマートさを感じます。

 

 

最高の料理とお酒を味わう

最初の一杯はビールから。このお店は無濾過ビール「白穂乃香」を楽しむことが出来る数少ないお店です。飲み口は非常に柔らかく繊細、サラサラと飲める綺麗なビールです。これをいただくのもこのお店の楽しみの一つです。

このお店は新鮮な名古屋コーチンを炭火焼で楽しめるお店。早速オーナーにお任せして、おいしい焼肉をいただきます。

コーチンの画像

見るからに新鮮な名古屋コーチン

味付けもそれぞれしっかり目についているので、タレは一切ありません。お好みで七味をかけていただきます。ハツは軽めに炙って、あとは良く焼き。ハツとせせりが特においしかった。

そして、日本酒。ここはせっかくなので、オーナーの息子さんにお任せして、オススメの日本酒を出してもらいます。

日本酒の画像

小型のちろりに入れていただき、猪口は自分で好きなモノを選びます

「日本泉 新米新酒」 まさに出来立てしぼりたてのお酒です。オーナー自ら、蔵に足を運んで仕入れてきただけあって、うまい。この酒は岐阜県の中心地、岐阜駅から徒歩1分のビル地下で醸されたもの。「えっ?」て思う所ですが、地下醸造って、温度管理がしやすかったりメリットも多い模様。というか、これだけおいしいお酒がつくれるわけですから間違いないですよね。

炭火焼と共に「ホタルイカの炙り」「山芋の泡醤油」をいただきます。これもとんでもなくうまい。お酒がすすみますね。

次にいただいたのはコレ。愛知のお酒です。

日本酒の画像

存在感のあるパッケージですね

「ほしいずみ 五島列島の黒麹」これまたレアなお酒です。愛知県は知多半島の真ん中に位置する阿久比町で醸されたお酒です。品評会入賞常連蔵なのですが、最近杜氏が交代しています。その酒質が変わるのではという不安を一掃するようなおいしいお酒でした。ジューシー、グッとくるなあと思ったら、アルコール度数19.5度。。。そりゃそうですね。。。

そして、入手困難なお酒もいただいちゃいました・・・!そりゃ、うまいですよ!

二左衛門の画像

あの黒龍の二左衛門 ヤバいヤツです

いやあ、久しぶりに伺いましたが、美味しかった。楽しかった。そして、勉強になりました。

ここは比較的新しいお店なのですが、味の進化にも驚かされました。いやあ、本当に美味しかったです。

 

あらためて思った事

やっぱり、実際に蔵に足を運んで選ぶお酒は、違うなあって。もちろん、レア酒フィルターはかかるけれど、「これをお客様に飲んで欲しい」という想いがこもったお酒は、何割か増しでおいしく感じるものですよね。そして、その一本のエピソードや裏話が自然と出てくるというのは、飲み手にとっては最高のつまみなわけで。これはどれだけ凄い銘柄やおいしい料理でも敵わない最強のエッセンスになります。

もちろん、接客力やコミュニケーション力に長けている事も大切ですが、こういった地道な活動や基本的なスタンスがお客様を捕まえて離さないのだと思いました。以前サラリーマン時代に通っていた頃はあまり深く考えることなく、「楽しいなあ」「おいしいなあ」という感覚だけだったのですが、独立後はそういった部分が気になって。しっかりと利益を出さないといけない中で、顧客満足度を高めることの難しさと奥深さを感じた日でした。

 

さいごに

コロナ禍における飲食店への影響は、我々が想像している以上の状況ですが、それぞれ知恵を絞って前向きに取り組まれています。緊急事態宣言解除後の自治体独自の策も全面解除される地域が多くなってくるようですが、第5波のような酷い状況を繰り返し、医療従事者や飲食店関係者、酒類提供事業者に再度負担をかける事の無いようにしたいと強く思いますね。

その為には私を含めた一人一人が、感染対策をしっかり行い、より安全な飲酒・飲食像というものをそれぞれにおいても確立して行くことが大切と思いました。少しづつ、地を固めながら前進して行きたいと思います。

 

応援宜しくお願いします。「ポチッ」で管理人が泣いて喜びます。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村


日本酒ランキング