日本酒LAND ~おすすめ つまみ ランキングも~

日本酒のすばらしさを一人でも多くの人に!

↓↓↓ 管理人が厳選セレクトした日本酒はこちら

今年のお歳暮は堂々と日本酒を贈りましょう! お歳暮におすすめな正月用の日本酒はこれ

日本の文化です

個人差はあると思いますが、人に贈り物を贈るというのは非常に気持ちのいいものです。「身近な人を対象にした贈り物」ですと、クリスマス、誕生日、記念日、父の日・母の日、各種お祝いなどがあります。そして「日頃お世話になっている方々へ」と対象者をさらに広げると、「お中元やお歳暮」などがありますが、今回はその「お中元・お歳暮」についてです。

お歳暮の画像

何かと気を遣いますよね

お中元は古くは中国の暦に由来があります。「上元(1月15日)」「中元(7月15日)」「下元(10月15日)」はそれぞれ3人の天神の誕生日で人々はお祝いにお供え物をしたそうです。日本には先祖を供養する習慣「盆」がありますが、この中に「盆礼」という霊前のお供えを親戚や近所の人々でやりとりする習慣があったと言われます。これが中国の「中元」と相まって、今のお中元文化に繋がった模様。ちなみにこの習慣は公家の間で室町時代から行われており、江戸時代には一般民衆に広がったそうな・・・。

そしてお歳暮は元来、年神(お正月にお迎えする神様)へお供えする品々を年の暮れに本家などに持って行く行事が、一般的に広がったものだそうです。これも江戸時代には民衆間でやりとりされていたそうな。思っていたよりずっと深く・歴史のある習慣だったんですね。

日本の文化はそれぞれに深い由来や意味があるのが面白いですね。

 

お中元・お歳暮の送り時期は?

これ、誰が決めたのかわかりませんが、西日本と東日本で分かれると言われています。が、正直日本全国にお送りする事が多いので、このセグメントは意味が無いですよね。

一般的な所ですとお中元は7月上旬~15日、8月上旬から15日の間に、お歳暮は11月下旬から12月20日の間に贈ると良いと言われています。

この東日本・西日本ルールは、真ん中(愛知県)に住んでいる人間からすると非常に厄介なルールなんです。「どっちやねん」的な部分で。

【送料無料】の松阪牛ギフト券

 

贈り物の種類は・相場は?

先述した由来の通り、お中元やお歳暮は基本的に食品を贈るのが一般的です。ビールやハム、お菓子などのイメージが強いですよね。お歳暮に関しては特に正月を意識した品を贈る事が多く、おせちなどに喜ばれたり、家族皆で集まった時に食べられるようなものが喜ばれる傾向にあります。

また、生活スタイルや文化が大きく変わりつつある昨今では、カタログギフトや商品券を贈る事も。ただ、これに関しては根上の人に贈る場合、注意が必要かもしれませんね。また、生活雑貨や消耗品などを贈られるケースも増えています。

あと、気になる相場ですが、3,000円~5,000円が一般的と言われています。会社の上司などに5,000円程度、特にお世話になっている方には10,000円を超えるモノを贈る場合もあるそうです。が、あくまでもこれは目安です。基本的にはご自身の気持ちで選ばれるのが良いと思います。

ちなみに楽天で人気のお歳暮は以下のような商品です。参考までに。

普段、自分では買わないものが、やっぱり嬉しかったりしますよね。あ、これも人それぞれか・・・。

誰もが「美味しい!」とうなるスモークサーモン

 

お歳暮には特に日本酒を堂々と送りましょう

さて、日本酒についてです。やはり日本酒はこういったお中元・お歳暮によく贈られる商品ですが、特にお歳暮にはおすすめになります。

理由はご想像の通り、”対正月”という部分で最高・最強の一品だからです。先述した由来を知らなかったとしても、新年最初に飲むお酒というのはやはり特別な物を用意したいと思うものです。そしてやはり日本人ですので、日本酒なのです。贈り先がお酒が苦手な方であっても、親戚一同で集まったりする場合は、必ずお酒好きっているものですし。ポイントとしては

  • おいしい物(好みはありますが、宴席などではフルーティー系=高級酒というイメージになりがちです)
  • ハイスペック商品である事(純米大吟醸、大吟醸など)
  • 有名銘柄(酔っぱらうと有名なだけでいい気分になります)
  • 話材になる物(エピソードや特徴があると場に広がりができます)
  • 縁起の良いもの(〇鶴・〇亀など)

あたりかと思います。もちろんすべて条件が揃うのがベストですが、上記の内2つも揃えば十分に喜ばれると思います。

別記事で贈り物にピッタリなお酒をご紹介しています。こちらも参考にして下さい。

sakebuzz.bar

贈り物に人気の毛ガニはこちら

 

管理人がお歳暮におすすめする日本酒

では、おすすめ商品をピックアップして行きます。上記、別記事でご紹介しているような、『好きな銘柄のハイスペック商品』ももちろんおすすめです。こちらは何より”自分が好き”という部分で、思い入れがあると思います。そのあたりを一言添えてお渡ししてみてください。想いは必ず相手にも伝わりますし、そのエピソードが飲み手に伝わり、肴として更においしく飲んでいただけるはずです。

いまからご紹介する商品は、どちらかというと一般的に受ける商品になります。やはりお歳暮に関しては、仕事上の取引先などとのやり取りもありますし、正月用のお酒にもなるという所を意識して選んでみました。

ちなみに日本酒を贈る際は、2本か奇数で送るというマナーも存在します。が、ことお歳暮などに関してはそこまで気にする必要はないです。

 

 賀茂鶴 双鶴 大吟醸 賀茂鶴酒造(広島県)

 

 

見た目も名前も”ザ 正月”。そして少し古いですがオバマ元大統領が安倍元首相とすし屋で飲んだのが同蔵のゴールド賀茂鶴。これ、ご年配者には受ける要素満載です。アル添の大吟醸ですが、日本酒に詳しい方にも、正統派の一本として評価されると思います。

 

 久保田 萬寿 純米大吟醸 朝日酒造(新潟県)

 

『日本酒と言えば久保田でしょう!』というほど、一般にまで知れ渡った有名銘柄ですね。淡麗辛口ブーム世代には神のようなお酒です。日頃よく見かけるのは「千寿」というお酒ですが、こちらは「萬寿」という久保田のプレミアムラインです。生原酒タイプも出ますので、手に入ればラッキーですよ。

 

 黒龍 大吟醸 福ボトル 黒龍酒造(福井県)

『石田屋』や『二左衛門』が、恐ろしい値段になって取引されている人気の黒龍。その大吟醸酒のお祝いボトルが通販で入手可能。見るからにめでたいのと、黒龍というブランドが宴席を盛り上げる事間違いなしです。因みに黒龍の大吟醸は『龍』という銘柄が根強い人気。お酒のクオリティは折り紙付きです。

 

 梵 夢は正夢 純米大吟醸 加藤吉平商店(福井県)

 

福井のお酒が続きます。「梵」といえば、金色や青色使いが鮮やかなパッケージで華やかですが、その究極系シリーズの一つです。少し値段は張りますが、祈願酒、祝い酒としての存在感は抜群です。精米歩合20%と35%の大吟醸酒のブレンド酒でトロフィーを形どった瓶は1000ml.仕様。お子様などがいらっしゃる宴席では、スポーツなどの活躍を願って乾杯するのもよさそうですよ。

 

 鳳凰美田 ゴールドフェニックス純米大吟醸 小林酒造(栃木県)

 

 

 

ハッキリって見た目で黙らせます。そして有名銘柄の鳳凰美田。フェニックス=不死鳥という事で縁起も良く、価格も高すぎない。味はあの鳳凰美田ですが、常温で飲むとより一層の深い味わいが。

 

さいごに

という事で、お歳暮におすすめな日本酒をご紹介して来ました。いやあ、やっぱりいいですね。ハイスペックな日本酒。もちろん、ノーマルスペックも十分おいしいですが、やっぱりワクワクします。

ちなみに当たり前ですが、通販の場合でも贈り主は自分、包装もしっかりしてもらい(のしも出来ますよ)、贈り先へ直送していただけますので心配はいりません。(万が一配送中に割れてしまっても保証がありますので大丈夫)各通販店のガイドラインに従ってご利用ください。

色々と書き綴ってきましたが、お中元・お歳暮はあくまでもお世話になっている方々へ日頃の感謝の気持ちを伝える手段です。気持ちが備わっていないとせっかくお送りするお酒もおいしさが半減してしまうと思います。

何事においても心を込めて。大切ですね。

 

応援宜しくお願いします。「ポチッ」で管理人が泣いて喜びます。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村


日本酒ランキング