日本酒LAND ~おすすめ つまみ ランキングも~

日本酒のすばらしさを一人でも多くの人に!

↓↓↓ 管理人が厳選セレクトした日本酒はこちら

冬の足音が聞こえてきました・・・ここで燗酒についておさらいしておきましょう

”燗酒”好きですか?

現代の日本酒というと吟醸香の立ったフルーティー酒が主流であり、その飲みやすさが新しい日本酒ファン層を開拓しています。「ワイングラスで日本酒を飲む」という行為が、スタンダードになったのもそういった要因があるからで、スタンダードが変わりつつあると感じています。

そんな中、今回お話しする”燗”は、それとは真逆のいわゆるクラシックな味が魅力です。中には苦手という人もいると思います。

何を隠そう、私も苦手でしたし・・・(笑)

ですが、燗にするお酒のチョイスや温度帯を変える事によって劇的においしくなるのも事実。味の系統云々ではなく、日本酒が好きという方なら、どなたでも燗酒の魅力に気が付く可能性を秘めていると思います。

燗酒の画像

燗というとどうしてもオジサンのイメージが強いですが・・・

燗酒の美味しさを知ると、また更に日本酒の世界が広がりますので、ぜひこの冬に挑戦してみて欲しいです。

 

燗のつけかた

燗と言っても様々なつけ方があります。最も一般的なのは徳利にお酒を入れて湯煎で温めるといった方法でしょうかね。昔は石油ストーブ上のヤカンの蓋を開け、そこに徳利をいれて燗をつけていた覚えがあります。

最近ですと電子レンジに「燗酒」ボタンがあったりしますのでレンジでつける方も多いかもです。

が、直接火にかけたままの湯煎はかなり温度調整が難しいです。基本的には火から離した形での湯煎をおすすめします。

その場合におすすめなのが「燗徳利」です。熱いお湯を張った外側陶器にお酒を入れた徳利を入れるタイプ。そのまま食卓にも出せますし、何より温度をある程度保つ事が出来るのがいいですね。温度変化を楽しむのも良いです。日本酒に詳しいお店はこの方法で出てくる場合が多いですね。

これら以外に、陶器に入った日本酒を「鳩徳利」などで直接的に熱灰などで温める方法もあります。

燗の由来は平安時代までさかのぼります。当時は「直燗」といわれる直接火にかけ温める方法がとられていましたが、風味を損なう可能性が高い方法でもあり、今では湯煎が一般的です。

 

そして、もう一つの方法は「ちろり」を使った燗つけです。こちらは金属製の容器に注ぎ口と取っ手のついたもの。ちろりに入れた日本酒を鍋などのこちらも湯煎で温めるものになります。取っ手を鍋にかけたり席るので意外と重宝します。そしてなにより風情がありますよね。

ちろりで温める場合はぜひ温度計もセットで。ちろりを使うだけでおいしいと感じる人もいるとか。

アサヒ 食楽工房 酒タンポ CNE41

アサヒ 食楽工房 酒タンポ CNE41

  • 旭電機化成(Asahi Denki Kasei)
Amazon

 

あと、ちょっと雰囲気は出ないですが酒燗器なども発売されています。これらは温度調整面では非常に楽です。

 

燗の温度

はい、最も大切な所ですね。燗酒は温度によってその口当たりや広がり方などが大きく変わります。もちろん好みの感覚は人それぞれですので、「この酒は〇〇度!」と断言はできません。が、大まかなおすすめ温度などが「熱燗」「人肌」レベルでラベルに記載されていたりしますので、参考にしてください。

お店の方に聞くのが一番ですね。自分の好みを探しながら楽しんでください。

 

この燗の温度については諸説ありますが、一般的には

30度 日向燗

35度 人肌燗

40度 ぬる燗

45度 上燗

50度 熱燗

55度 飛びきり燗

と分類されます。

基本的にはぬるめの温度ほど、お酒本来の風味がわかりやすいですので、風味を楽しむお酒や吟醸系のお酒の燗の場合は、温度は低めから試すことをおすすめします。

「お酒はぬるめの燗が良い~」って歌がありますもんね。

 

”燗酒”の楽しみ方

ここからは管理人個人の楽しみ方になります。あくまでも参考にしていただく程度で。

燗酒というと個人的には「米の旨味を膨らます」「酸味を程よく調整する」という2点に焦点をしぼって楽しんでいます。

「米の旨味を膨らます」という作業は本当に面白く、全く平べったい味だったお酒が、燗をつけると急に深みが増して味わい深くなったり、辛口一辺倒だったお酒の甘い部分が見え隠れしたりと、隠れている味を探すような作業になります。この場合は、あまり温度は細かく考えず、「熱燗」「ぬる燗」か程度で調整しています。

あまり良い表現ではないのですが、正直あまり好みでないと感じたお酒は燗にすると化けるケースが多いように感じますね。あと、酒臭さの強いお酒も熱燗にすると急に甘みが出て、飲みやすくなったりしますよね、これらの隠れた性質を見つける楽しみが醍醐味と思っています。

もうひとつの「酸味を程よく調整する」という楽しみ方。これは邪道かもですが、比較的華やかなお酒をぬる燗レベルまでで調整しながら楽しむというもの。これは5度と言わず、2度位ずつ変化を楽しんで欲しいと思います。この酸というのは温度によって非常に繊細に変化します。角の立った”酸っぱさ”から”甘酸っぱい”に至るまでの変化が面白いです。基本的には温度が上がるほど甘みを増しますが、一定の温度以上は不快な酸になってしまう事も。

燗というと基本的に本醸造酒や純米、それこそ特定名称酒以外の普通酒といったイメージが強いですが、このジャンルに吟醸酒を持ってきても全然面白いです。そして、意外なおいしさを発見できると思います。

驚かれるかもですが、リンゴ酸のお酒がこのぬる系の燗にオススメです。酸の広がり方が絶妙な温度帯をみつけてみてください。絶品です。

 

燗におすすめの日本酒

以下のお酒は燗におすすめしたい日本酒です。もちろん下記以外にも燗酒にピッタリな日本酒はありますが、安定して美味しいお酒になります。

ぜひ、これからの寒い季節に料理と一緒に楽しんでみてください。

 

 小嶋総本店(山形県)

※特に燗酒純米は正に燗の為に生まれたお酒です。管理人はこのお酒で燗酒に目覚めました!

 

山本 白瀑 ど辛 山本酒造店(秋田県)

※名前ほど辛くないですよ。しかも燗にすると甘みと旨味が溢れ出てきます。こちらもおすすめです。

 

焚火 山崎合資会社(愛知県)

※こちらも恐ろしく燗に合う酒です。焼き鳥などと合わせるともう・・・!

 

さいごに

という事で”燗酒”について纏めてみました。なかなかこのような記事で味を伝えるのは難しいのですが、もし燗酒が苦手・・・という方がいたら、先入観を振り払って、もう一度試していただきたい。

居酒屋をはじめ、何も考えずにつけてしまった燗酒は比較的温度が高い傾向があり、そのおいしさを失ってしまっている可能性があります。もう一度、ぬるめを意識して飲むことで、その印象が変わるかもしれません。

燗酒を知る事で極端に言えば今までの倍ほど、日本酒を楽しむことが出来ます。ぜひその繊細な変化冷やでは味わう事の出来ない旨味の広がりを楽しんで欲しいと思います。

 

応援宜しくお願いします。「ポチッ」で管理人が泣いて喜びます。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村


日本酒ランキング